市川三郷病院

HOME »施設一覧 »市川三郷病院 »看護部について

看護部について

峡南医療センター市川三郷病院の看護部をご紹介します。

看護部長から

4月から峡南医療センターに統合され、看護職員62名が働いています。地域に根ざした病院として、患者様の顔がわかる診療や看護を心がけています。介護や子育てをしながら働ける環境が提供できるよう、皆で支え合いや休暇の取得に努めています。地域医療に興味のある方、私達と一緒に看護しませんか。

 

外来師長から

外来は、内科・外科・泌尿器科・眼科・婦人科・小児科など12科の診療を行っています。

また血液透析は、血液浄化療法科として23床で診療しています。

地域住民の方々が、安心そして安全に受診ができるよう、スタッフ一人ひとりが温かい思いやりの心で、親切、丁寧な対応を心がけています。

手術室・
内視鏡室師長から

当院では、外科・泌尿器科の手術を年間250件行っています。

泌尿器科は、峡南地域では当院唯一の手術実績です。

周手術期看護の目標は、安心で安全な看護を提供すること。そして手術を受けられる患者様の良き理解者であり、援助者であろうと努力しています。

 

 

病棟師長から

内科30床、外科・泌尿器科20床の病棟です。地域に定着しているベテラン看護師が働いています。

入院時より安心して退院後の生活が送れるよう、退院調整看護師とMSWが毎週調整会議を開き、患者様に応じた支援を検討しています。

入院される患者様とは「出会い」と考え、入院生活が安心安全に送れるよう、また、退院後の看護サービスが提供できるよう努力しています。

看護師イラスト
 

その他

・看護職のワークライフバランス実現への取り組みについて

詳細はこちらをクリック>>