富士川病院

HOME »施設一覧 »富士川病院 »院長挨拶

院長挨拶

富士川病院院長

 

平成26年4月1日より、社会保険鰍沢病院より峡南医療センター富士川病院へと移行致しました。
峡南医療センターは、当院・市川三郷病院・ケアセンター市川・サンビューふじかわの2病院・2介護老人保健施設が一つとなり、機能分担し、峡南医療センター全体で地域完結型医療の実現を目指しております。

当院は、救急や高度な医療を担う『基幹診療型』としての役割を担うべく体制を整えていく予定です。
昨年度からすでに両病院間でのシャトルバスを運行し、両病院間での連携を始めております。本年度からは、峡南地域6病院や近隣医療介護機関の患者情報共有システム“KOMPAS(コンパス)&KOMT(コメット)”も立ち上がり、峡南地域全体の医療介護の連携も強化されております。
また、山梨大学医学部附属病院からも支援を表明して頂いており、山梨大学の臨床研修プログラムに参加、日進月歩の医療に対応し、教育できる体制を整えます。

他の社会保険病院は厚生年金病院、船員保険病院とともに別の公的病院群(独立行政法人地域医療推進機構)に、同じ平成26年4月1日に移行されております。社会保険病院の特徴としては、それぞれの職種の研修する機会が多く、普段より技量を高める努力を怠らない気風があります。当院はこの気風は維持し、それぞれの技量を高め、安全・安心で良質な医療を提供できるように努力することを大切にします。

統合管理者の言葉【全国のモデルケースになるような良い病院に】を旗印に、職員一人一人が気持ちを一つに、他の施設の職員とも一緒になり、近隣医療機関・山梨大学医学部附属病院や近隣住民からのご協力を頂きながら、「良い病院」に変わっていきたいと思います。
皆様のご支援をよろしくお願いいたします。